大人のアトピーの原因

MENU
今すぐ試してみてください。
これがアトピーでもぐっすり眠れる真夜中の乳酸菌の力です!

話題のアトピーのサプリメントに関する詳細はこちらへ

大人のアトピーは生活習慣が原因となっていることが多い

ストレスを抱えた女性

 

大人のアトピーにはその原因として生活習慣が大きく関係しています。

 

そこが子どものアトピー性皮膚炎との大きな違いです。

 

子どものアトピーは皮膚のバリア機能が未熟なために生じることが多く、成長とともに改善されていくことが少なくありません。

 

しかし、大人のアトピーの場合は何らかの理由で皮膚のバリア機能が低下していることから生じます。

 

そして、そのような皮膚機能の低下は現在の生活習慣からきているケースが多いのです。

 

そのため、大人のアトピーは思い切って生活改善に取り組まない限り、なかなか治りにくいという特徴があります。

 

むしろ子どもの場合とは違い、年々悪化していき仕事や人間関係に影響が出てくる危険が高いのです。

 

大人のアトピーの原因となる生活習慣とは?

 

では、大人のアトピーの原因となる生活習慣には、どのようなものがあるのでしょうか?

 

ここでは主な6つの原因を取り上げます。これらをしっかりと対策するだけも症状はかなり和らいでくるはずです。

 

原因1 食べ物

 

付き合いで外食や飲み会が多かったり、忙しすぎて出来合いの弁当や総菜を食べることが多いと、栄養バランスを崩しやすくなります。

 

特に糖分や脂肪分の多い食事が続くと、アトピーが悪化することが多いようです。

 

脂肪分は酸化すると、過酸化脂質となり、皮膚細胞のバリア機能を破壊します。

 

バリアの弱い肌は刺激に弱いので、慢性的な皮膚炎になり、アトピー性皮膚炎を発症します。

 

油については、サラダ油・菜種油などに含まれている「リノール酸」の過剰摂取が肌に悪影響を与えます。

 

オリーブ油やアマニ油などを使うようにすると良いようです。

 

原因2 ストレス

 

大人のアトピーの場合は、このストレスが原因として大きな位置を占めています。

 

ストレスの影響によって内臓の諸器官の機能が鈍ると、体内の毒素や老廃物の排出がうまくいかなくなります。

 

具体的には、便秘になりやすくなったり、腎臓の機能が低下して尿からの毒素の排泄が十分に行えなくなります。

 

そうして行き場を失った毒素を体が皮膚から排出しようとするため、その部位に炎症が起きてしまうのです。

 

またストレスは、自律神経やホルモンのバランスを乱すため、免疫力を低下させます。

 

そのため免疫システムが誤作動を起こしやすくなり、外からの少しの刺激に対して過剰に反応してしまうのです。

 

そしてストレスや緊張は皮膚の水分を奪いますから、肌は乾燥しやすくなり、それが強いかゆみを引き起こすことになります。

 

ですから、大人のアトピーではストレスに対しての対策がかなり重要になってきます。

 

 

原因3 室内環境

 

前述のストレスや栄養不良が原因となって、皮膚のバリア機能が低下すると、少しの刺激にもアレルギー反応を起こしやすくなります。

 

そのため、室内にいてもダニやハウスダスト、カビ、細菌などが原因となって、アトピーが悪化してしまう場合があります。

 

それで、部屋を常に清潔に保ち、空気清浄機なども活用して、刺激物を減らしておくことはアトピー対策として大切な点です。

 

 

アトピーの原因となるアレルギーで多いのはハウスダストやダニ、カビです。
家の中のホコリ(ハウスダスト)には、ダニがいっぱい潜んでいるので、かゆみの原因として高い割合をしめています。

 

 

原因4 スキンケア

 

ただでさえ敏感になっている皮膚に、間違ったスキンケアを続けていると、ますますダメージが大きくなり、アトピーの症状を悪化させます。

 

保湿をすることは大事ですが、あまりに外部から保湿分を補う事に依存すると、肌本来の機能が弱まってしまいます。そのことが原因で弱くて刺激を受けやすい肌ができあがってしまうことがあります。

 

洗いすぎも皮膚を傷めますが、逆に保湿のし過ぎにも注意しましょう。

 

入浴回数を減らしたことでアトピー肌が改善したという人は少なくありません。

 

 

原因5 運動不足

 

運動して筋肉をつけると肌の修復力が高まります。

 

これは運動によって血液の循環が良くなり、毛細血管を通して肌の隅々にまで栄養と酸素がいきわたるようになるためです。

 

また運動によって免疫力や抵抗力も高まるので外部の刺激に対して強くなるのです。

 

ですから、運動不足気味になっているなら、適度な運動を心がけるようにしましょう。

 

 

原因6 睡眠不足

 

睡眠不足はお肌の大敵と言われていますが、寝ている時は肌を修復するのにとても大切な時間です。

 

特に夜22時から午前2時に多く分泌されると言われる成長ホルモンは、体の機能を正常に働かせるのに欠かせない働きをしています。

 

成長ホルモンの分泌が減少すると、代謝は悪くなり、病気になりやすくなります。

 

肌を含めてダメージを受けた器官の修復が進まないために、アトピーがなかなか改善しないことになります。

 

それで睡眠不足に注意して、なるべく夜22時から午前2時のゴールデンタイムを含めて、7時間以上は睡眠を取るようにしましょう。

 

症状をおさえつつ生活改善に取り組む

 

アトピーを引き起こす原因となる5つの生活習慣の改善に取り組んでも、すぐすぐに結果が出るとは限りません。

 

続けていくこと自体が簡単ではありませんし、蓄積された毒素が排出されて体質が変化するには一定の期間が必要になります。

 

それまでつらい症状が続くと、モチベーションも下がりますし、不快な思いもしなければなりません。

 

それで、薬やサプリに一切頼らずに我慢するよりは、それらで症状をおさえながら生活改善にも取り組むほうが継続しやすいかもしれません。

 

ステロイドも長期にわたって連用しなければ副作用は少ないと言われますし、アトピー症状を抑えるのに役立ちそうなサプリメントもいろいろと登場しています。

 

症状を軽減できそうなものをいろいろと試してみて、それと共に生活改善を徐々に進めていくのは良い方法だと思います。

 

ただし、ステロイドだけに頼って生活を変えなければ、根本的な改善は期待できませんから注意が必要です。

 

真夜中の乳酸菌がアトピー人生を変えた!驚きの効果はこちらへ