大人になってからのアトピー発症

MENU
今すぐ試してみてください。
これがアトピーでもぐっすり眠れる真夜中の乳酸菌の力です!

話題のアトピーのサプリメントに関する詳細はこちらへ

大人のアトピーではストレス対策が必須の理由

 

大人になってからアトピーを発症する人が急増しているようですが、その原因の多くはストレスです。

 

子どもの頃のアトピー性皮膚炎は、遺伝や食物アレルギーなどの要因で発症し、成長する従って皮膚のバリア機能が発達するため自然に改善していくことも多いようです。

 

ところが、大人のアトピーはストレスが発症の引き金となることが多く、皮膚のバリア機能が低下したことで生じるため治りにくいという特徴があるようです。

 

それでストレス対策をおろそかにしているなら、スキンケアだけを一生懸命に行っても、なかなかアトピーの改善がみられないかもしれません。

 

この記事では、ストレスが大人のアトピーを発症させる仕組みと、対策について解説しています。

 

またストレス対策と肌にも良いおすすめの習慣を取り上げていますので、ぜひ参考にしてください。

 

 

ストレスがアトピーを発症させて悪化させるしくみ

 

「最終警告!たけしの本当は怖い家庭の医学」というテレビ番組がありますが、その中でも急増する大人のアトピーについて特集が組まれていました。

 

その番組の中でも、大人のアトピー性皮膚炎の原因がストレスであることが強調されていました。

 

大人になってからアトピーを発症したり、また再発した人の多くは、何らかのきっかけとなる出来事があるようです。

 

例えば、転職・結婚・離婚・引越し・職場内での異動・出産など日常生活で大きな変化があったときに、アトピーの症状が強く出るのです。

 

これらは強いストレスを生じさせる場合が多いですから、このようなことからもストレスとアトピーとの密接な関係が分かります。

 

実際のところ、大人のアトピーの場合は8割がストレスの影響と述べる専門家もいます。

 

ですから、アトピーを改善したいのであれば、ストレスへの対策を忘れてはなりません。

 

では、具体的にどのようなしくみでストレスがアトピーを発症させるのでしょうか?

 

大きく分けると、体のめぐりが悪くなることと、抵抗力の低下が関係しています。

 

ストレスは体のめぐりを悪くさせる

 

わたしたちの生命が維持されるには、酸素や水や食物からの栄養を取り込んで、それを体中の細胞に届けて、かわりに毒素や老廃物を体外に排出するという、大きな流れがあります。

 

ところが、強いストレスや継続的なストレスを感じると、この体内のめぐりのリズムは乱されてしまいます。

 

ストレスから緊張状態に偏ってしまい、自律神経という生命維持の司令塔を混乱させてしまうのです。

 

その結果、呼吸のリズム・血液の循環・体内の水分の循環・体温の調節などが正常な働きから外れてしまいます。

 

ストレスを感じたときに、心臓がドキドキしたり、手が汗だらけになったり、胃が痛くなったりするのはそのためです。

 

このような状態になると、食物や呼吸で体内に取り込まれた重金属や有害化学物質などの毒素や老廃物をきちんと排出するしくみが、うまく機能しなくなります。

 

その結果、それらの毒素を皮膚から排出しようとして、皮膚表面に炎症が起きてしまうのです。

 

肌は排泄器官の一つであり、毒素を排出させるためにかゆみを生じさせ、掻いた傷口から血や体液と共に毒素と老廃物を出します。

 

さらに、自律神経のバランスが崩れることにより、体内の水分のめぐりも悪くなりますから、皮膚は乾燥しがちになります。

 

これが皮膚のバリア機能を低下させて、炎症が起きやすくするのです。

 

ストレスは抵抗力を低下させる

 

ストレスにより、外部からの細菌やウイルス、有害物質などに対する抵抗力が低下します。

 

このような抵抗力は「免疫力」と呼ばれていますが、この免疫力の低下もストレスで自律神経やホルモン分泌のバランスが乱れることから生じます。

 

免疫力が低下すると、体内に入ってくる異物に対して過敏のに反応するようになります。

 

そのような異物としては、花粉・ハウスダスト・カビ・特定の食物などいろいろと考えられます。

 

この異物に対する過剰な反応が炎症の原因となり、アトピー皮膚炎を発症させるのです。

 

 

大人のアトピーのためのストレス対策

 

アトピー改善に一番良いのは、ストレスの原因となっている物事を解決することです。

 

状況が許せば、ストレスを生じさせている環境を変えるという選択肢もあるでしょう。

 

あるいは、しばらく旅行に行ったり、仕事の休みを取ることで一時的にアトピーの症状が軽減したという方もおられます。

 

環境を大きく変化させるのが難しい場合には、自分の物の見方を変えるというアプローチも大切になってきます。

 

この点では、心理カウンセラーに相談することやメンタルケアのための情報が役立つかもしれません。

 

そして、ストレス対策になり、なおかつ肌の機能を向上させるのにも良いおすすめの習慣は、腸内環境を整えるということです。

 

腸の働きは特に自律神経の副交感神経によってコントロールされています。

 

ストレスによって緊張状態が続くと、副交感神経は機能しにくくなりますから、腸の働きも悪くなります。

 

ストレスから便秘になるのもそのためです。便秘によって、毒素や老廃物の排出は停滞し、肌の調子は悪くなり、皮膚の炎症もひどくなります。

 

逆にストレスがある時にも、腸内環境に良いことを行っていくなら、腸の働きが極端に低下することはありません。

 

また腸では幸せホルモンと呼ばれるセロトニンがかなりの部分作られており、それが脳へと送られています。

 

腸内環境を整えることにより、セロトニンをしっかりと脳に供給できますから、ストレスにも強くなるのです。

 

つまり、腸内環境を良好にする習慣をもっておくなら、ストレスにも強くなり、肌の健康にもプラスになるというわけです。

 

腸内環境を整えるための方法はいろいろとありますが、やはり即効性が高くて効果も大きいのは乳酸菌のサプリメントを飲み続けることです。

 

真夜中の乳酸菌がアトピー人生を変えた!驚きの効果はこちらへ