アトピー性皮膚炎とステロイド

MENU
今すぐ試してみてください。
これがアトピーでもぐっすり眠れる真夜中の乳酸菌の力です!

話題のアトピーのサプリメントに関する詳細はこちらへ

ステロイドは体質改善とセットで

アトピー性皮膚炎でよく処方されるのが、ステロイドの塗り薬です。

 

ステロイドについては、副作用のことがよく取り上げられますから、ひどく心配される方も多いようです。

 

しかし、心配なのはステロイドそのものではなく、間違った使い方なのです。上手に付き合えば、つらいアトピーの症状を和らげてくれるものとして優れたアイテムなのです。

 

では、間違った使い方とはどのようなものでしょうか?

 

それは以下のような付き合い方です。

 

症状が少し良くなると自己判断で中断する
中断した途端にリバウンドが起きて、アトピーの症状が悪化してステロイドも効きにくくなります。使用に際しては医師の指示に従うことが大切です。

 

ステロイドだけで治そうとする
ステロイドは症状を抑えるためのものですから、同時にアトピー体質を改善するために役立つことを行なっていかなければなりません。症状を抑えることだけを続けていけば、良くて現状維持か、多くは徐々に悪化していきステロイドの量も増えていきます。

 

ステロイドは「諸刃の剣」と言われるように、すぐれた効果と副作用の両面をもっています。

 

ですから、ここぞという緊急事態に使う薬であって、長期に渡って常用するようなものではありません。医師の指示に従うことが大事ですが、段々と量や使用回数を減らしていき、最終的には使わなくてよいようにすることが理想です。

 

そのためには必ず、体質改善とセットで使用していくことが大切です。

 

症状が出にくい体になれば、薬の量は減らせます。そして、その症状の出にくい体にするには体質を変えるしかないわけです。

 

アトピー体質を改善する方法

 

アトピー性皮膚炎は、大きく分けると乾燥しやすい肌アレルギー体質という2つの素因が関係しています。

 

このうちの乾燥肌については、生まれたときからの肌質もあるので改善がなかなか難しいことがあります。基本的には、スキンケアでしっかりと保湿して肌を守るということになります。

 

特に皮膚に存在するセラミドという物質がアトピー肌では極端に不足していますので、これを補ってあげる必要があります。セラミドの補い方についてはこちらの記事へ

 

一方でアレルギー体質については、完治は難しいとしても、体質改善して症状を出にくくすることは十分に可能です。

 

具体的には、アレルギー症状を引き起こしている免疫システムのバランスを調整することがポイントとなります。

 

中でも、乳酸菌には免疫バランスを整える働きがあり、毎日摂取することで症状の改善に役立つということがマウスやヒトを対象とした実験により証明されています。

 

詳しくは以下の記事も参考にして下さい。
↓ ↓ ↓
真夜中の乳酸菌がアトピー人生を変えた!驚きの効果はこちらへ