大人のアトピーに断食は効果あるのか?

MENU
今すぐ試してみてください。
これがアトピーでもぐっすり眠れる真夜中の乳酸菌の力です!

話題のアトピーのサプリメントに関する詳細はこちらへ

断食の2つの効果がアトピーに効く

断食中の玄米がゆ

 

断食をすると大人でもアトピーが治る、という話はよく聞くと思います。

 

いったい断食にはどんな効果があるのでしょうか?

 

そして、もし断食をするとしたら、どのように、どれくらいの期間行なうと効果を実感できるのでしょうか?

 

その詳しいところを調べてみました。

 

アトピーの原因から断食の効果を考える

断食をするとなると、かなりの決意が必要ですよね。本当に効果があると信じられないうちは、なかなか実行に移せないのが実際のところではないでしょうか。

 

そこで、断食がアトピーの改善に効果的だと言える理由について、少し専門的な話にはなりますが考えてみましょう。

 

人の体には病原菌やウイルスの侵入に対抗するために「免疫」という仕組みがあります。これは異物に対して抗体を作ることで侵入者を撃退するものですが、これが異常に(過剰に)働くことでおきてしまう現象をアレルギー反応といいます。

 

アトピー性皮膚炎もアレルギー反応のひとつであり、免疫機能の低下によって色んな異物に対して過敏に反応しすぎることで、それが皮膚のかゆみや腫れなどつらい症状へとつながります。ですから、アトピーの起きる原因の一つとして、免疫バランスが崩れやすいアレルギー体質が挙げられます。

 

アレルギー体質は遺伝的な要素が関係しますが、生活環境もアレルギー症状の状態に大きく影響を与えます。ですから、生活環境を変え、体内環境を変えることがアトピーの症状を抑えるのに役立つというわけです。しかし、実際に生活習慣の変化がアレルギー症状の改善つながるまでには、たいてい長い期間がかかります。

 

ところが、断食を行なうと、短期間で劇的に体質が変化することがあります。

 

それは断食の次の2つの効果が身体を短期間で変革するためです。

断食は免疫力をアップさせる
断食は体内の毒素を排出する

 

では、それぞれについてもう少し詳しく取り上げてみましょう。

 

断食による免疫力アップ効果

体のメンテナンスイメージ

 

断食をすると腸を休めることができ、それによって免疫力がアップし正常に近づきます。

 

断食中はほとんど食べないか、消化吸収の良い果物やジュースや重湯などを摂るだけですから胃腸が休まるのは間違いありません。腸が休まると、機能は回復し元気を取り戻します。

 

小腸の細胞は2日で入れ替わるとも言われ、少し休めるだけでもかなり機能は回復するようです。そして、腸が休まることは、免疫力が高まることと大いに関係があります。人体の約7割の免疫細胞は腸管に存在しているためです。

 

過食や不規則な食事など普段の食生活で胃腸を酷使していると、免疫系も弱ってしまいます。その免疫機能の低下が、異物に対する過剰反応を生じさせて皮膚の炎症につながっていきます。

 

そこで断食によって腸に休息を与えてあげるなら、免疫細胞も活力を取り戻し、免疫システムが正常に近づきやすいということなのです。免疫力が高まると自然治癒力も高まります。これまで皮膚に蓄積していたダメージも回復に向かっていきます。

 

ステロイド外用薬を塗らなくても、滲出していた皮膚が自ら治癒に向かって修復を始めるのですから、長年皮膚炎に悩んできた人にとっては奇跡のように感じるようです。もちろんすべての人に劇的な効果が現れるとは限りませんが、少なくとも何らかの変化を感じる人が少なくないようです。

 

断食の毒出し効果

デトックスのマッサージ

 

断食には体内の老廃物や毒素を排出する毒出し(デトックス)効果もあります。

 

毒など飲んだ覚えはないと感じる人もおられるかもしれませんが、この場合の毒とは即座に生命を危険にさらすような劇薬のことではありません。

 

例えば、食品の中には、食品添加物や残留農薬をはじめとする健康にあまりよろしくない化学物質が含まれています。また、わたしたちは普段の生活の中で、空気や水、触るものなどを通して、知らず知らずのうちに水銀・カドミウム・ベリリウム・モリブデンなどの重金属を体内に取り込んでいます。

 

これらは少量では何の健康被害ももたらさないかもしれませんが、長い期間で蓄積されていくと、ホルモンバランスを狂わせたり、体のあちこちに炎症を起こしていきます。またアトピー治療で長年ステロイドを使用してきたのであれば、まさに蓄積されたステロイドそのものが炎症の原因となり、ステロイド皮膚炎をおこします。

 

このような毒素は赤ちゃんの場合でも体内に蓄積されていることがあります。お母さんの体内に蓄積されていた毒素は、へその緒を通して胎児に取り込まれていくことが研究によって明らかになっています。特に赤ちゃんはまだ解毒機能が未熟ですから、大人よりも何倍も毒素によるダメージを受けやすい特性があります。

 

生後数か月の赤ちゃんでも重度のアトピーになることがあるのは、このような背景によるのかもしれません。いずれにしても、体内に毒素がしっかりと排出されない限り、なかなか炎症はおさまらないわけです。

 

断食を行うと、そのような様々な毒素が排出されやすいカラダになります。

 

一つには消化吸収に使うエネルギーを停止することで、排泄に対して多くのエネルギーが使われるからです。もう一つは解毒機能をもつ肝臓や腎臓、排出器官である大腸などの内臓が休まることで、元気を取り戻し、解毒して排出するという機能がしっかりと働くためです。

 

断食を数日間行なうと、息がとても臭くなったり、体からも何とも言えない異臭がすることがあります。また「宿便」と呼ばれる真っ黒でタールのような便が排泄されることがあります。これらは全て体内の悪いものが出ていくことから起きる現象です。

 

断食は一歩間違うと危険

アトピー改善に劇的な効果の見込めそうな断食ですが、それだけに体に与える影響を軽く考えてはいけません。

 

断食を行うと、好転反応と言って一時的に症状が悪化する場合がありますが、アトピー改善目的で断食したの中には、全身が真っ赤になって熱を帯び、苦しくなって救急車で運ばれた人もいます。ですから、いきなり無謀なことをするのは大変危険です。何日も水だけしか飲まないような「本断食」と呼ばれるものは、専門家の監視と指導がない限り行わないほうが良いでしょう。

 

一方、酵素ドリンクなどを使った3日程度の断食(ファスティング)であれば、家庭でも比較的安全に行えるようですから、体調の変化を観察しながら試してみるのはよいかもしれません。ただし、断食の前後に準備食や回復食の期間を設けることなど、正しいやり方でやらないと体に負担となります。

 

以下のサイトでは、酵素ドリンクを使用した1日〜3日の断食(ファスティング)の方法が詳しく解説されています。(表示されたページの後半に掲載されています)
↓ ↓ ↓


 

尚、3日を超えるような長期の断食は、専門家のアドバイスを受けながら行わないと大変危険です。また重度のアトピー症状があったり、長年ステロイドなどで治療を続けている方の場合は医師とよく相談されてから行うのが良いでしょう。また小さいお子さんの断食は、体への負担が大きいのでやめましょう。

 

真夜中の乳酸菌がアトピー人生を変えた!驚きの効果はこちらへ