洗剤の化学物質が刺激となることがある

衣類に残っている洗剤から大人のアトピーの症状が悪化する可能性があるので、洗剤の成分をしっかりと確認することが必要です。

 

そもそもアトピー性皮膚炎は、アレルゲンとなる物質に自分自身の免疫が反応して皮膚に症状が出るという病気です。

 

本来なら外敵から身を守る役割をするはずの免疫細胞ですが、免疫バランスが乱れているために皮膚のバリア機能そのものが弱くなって、無害な物質にも炎症を起こし強いかゆみが伴うのです。

 

さらに肌が乾燥し、強いかゆみによってその部分をかいてしまうことで肌を傷つけ、その部分から細菌に感染しやすい状況を作ってしまいます。

 

いまだはっきりとした原因はいまだ解明されていませんが、原因となる物質は人それぞれで、様々なものがアレルゲンになります。

 

花粉など無害なものでもアレルゲンになりえますが、洗剤に含まれる化学物質など一定の有害性がある物質なら、なおさら反応しやすいと言えます。

 

特に漂白剤や柔軟剤などはアトピー性皮膚炎の人には肌への刺激となる可能性があるので、できるだけ使用しないほうが良いとも言われます。

 

さらに合成洗剤や石油系の洗剤は、洗濯した後に衣類に残ると肌への刺激になるため、できれば化学物質の入っていない天然成分のオーガニック洗剤を利用するのがおススメです。

 

病院でも大人のアトピー性皮膚炎の方に勧める低刺激の自然成分の洗剤があるので、医師に相談してみるのも良いかもしれません。

 

真夜中の乳酸菌がアトピー人生を変えた!驚きの効果はこちらへ