セラミドを補ってアトピー改善

MENU
今すぐ試してみてください。
これがアトピーでもぐっすり眠れる真夜中の乳酸菌の力です!

話題のアトピーのサプリメントに関する詳細はこちらへ

アトピー肌はセラミドが慢性的に不足

アトピーの肌というのは水分・油分が少なく乾燥しており、肌のバリア機能が大変弱まった状態にあります。

 

健康な人の肌では細胞間脂質が80%、NMF(天然保湿因子)が18%、残りを皮脂が占めています。

 

細胞間脂質の主成分はセラミドという物質ですが、アトピー肌の人ではこのセラミドが健康な肌と比べて不足しており、乾燥しやすい状態となっています。

 

乾燥した肌はバリア機能が弱まるため、外部からの刺激や異物を容易に通してしまい、それが体内の免疫細胞から攻撃を受けることで皮膚炎が発症してしまうのです。

 

したがって、大人のアトピーのスキンケアでは、不足しているセラミドをしっかりと補い、肌のうるおいを守ってバリア機能を高めることが大切です。

 

アトピー肌のための保湿成分としては、ヒアルロン酸、グリセリン、コラーゲン、エラスチンなどが使われますが、やはり一番は不足しているセラミドを補うことでしょう。

 

ナノサイズの浸透しやすいヒト型セラミドが配合されており、お試しセットが大人気なのが以下のスキンケアセットです。
↓ ↓ ↓
ディセンシア「つつむ トライアルセット」

 

さらに時間と費用面の余裕があれば、うるおいを与えた肌にオイルでフタをするのもおすすめです。オイルには肌をやわらかくする作用もあります。ホホバオイルやスクワランなどの酸化しにくいものを選びましょう。